カテゴリー: 神学 . 名称と法規定 . シルク .

عن عبد الله بن عمر رضي الله عنهما مرفوعاً: "من حلف بغير الله قد كفر أو أشرك"
[صحيح] - [رواه الترمذي وأبو داود وأحمد]
المزيــد ...

アブドッラー・ブン・ウマル(彼らにアッラーのご満悦あれ)は、預言者(彼にアッラーからの平安と祝福あれ)が、このように語ったと伝えている:「アッラー以外のものにおいて誓いを立てた者は、不信仰に陥ったか、あるいはシルクを犯したことになる。」
真正 - アッ=ティルミズィーの伝承

注釈

預言者(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)はこのハディースの中で、アッラーを差し置いて、被造物において誓いを立てることを禁じている。なぜならその者は、自分がそこにおいて誓った存在をアッラーに共同させ、アッラーの不信仰に陥っているからだ。何かにおいて誓うことは、そのものを偉大視しているのであり、真に偉大視すべきものはアッラーのみである。ゆえにアッラーか、あるいはその属性でしか誓ってはならない。

翻訳: 英語 フランス語 スペイン語 トルコ語 ウルドゥー語 インドネシア語 ボスニア語 ロシア語 ベンガル語 中国語 ペルシア語 タガログ語 ヒンディー語 シンハラ語 ウイグル語 クルド語 ハウサ語 ポルトガル語 マラヤラム語 テルグ語 スワヒリ語 タミル語 ビルマ語 ドイツ語
翻訳を見る

学び

  1. アッラー以外のものにおいて誓いを立てることの禁止。そしてそれがシルクであり、アッラーに対する不信仰であること。
  2. 誓いを立てるという何かを偉大視する行動は、至高のアッラーだけに向けなければならない、アッラーの権利である。ゆえに、アッラー以外のものにおいて誓いを立ててはならない。
  3. アッラー以外のものにおいて誓いを立ててしまった場合、その贖罪は不要である。なぜなら、それに贖罪は定められていないからだ。ただ悔悟し、罪の赦しを乞うことが求められる。
  4. アッラー以外のものにおいて誓いを立てることは、小シルクである。大シルクという説もあるが、大半の学者の見解では小シルクと見なされている。
カテゴリー