カテゴリー: 神学 . 名称と法規定 . シルク .

عن ابن عباس رضي الله عنهما في قول الله تعالى : (وَقَالُوا لا تَذَرُنَّ آلِهَتَكُمْ وَلا تَذَرُنَّ وَدًّا وَلا سُوَاعًا وَلا يَغُوثَ وَيَعُوقَ وَنَسْرًا) قال: "هذه أسماء رجال صالحين من قوم نوح، فلما هَلَكوا أَوحى الشَّيطان إلى قَومِهِم أنِ انْصِبُوا إلى مَجَالِسِهِم الَّتي كانوا يَجْلِسون فيها أنصَابًا، وسَمُّوها بأسمَائِهِم، فَفَعَلُوا، ولم تُعْبَد، حتَّى إِذَا هَلَك أُولئك ونُسِيَ العلم عُبِدت".
[صحيح] - [رواه البخاري]
المزيــد ...

イブン・アッバース(彼らにアッラーのご満悦あれ)は、アッラーの御言葉「また、彼らは(弱者たちに)言いました。『あなた方は絶対に、(アッラーだけを崇拝することで、)あなた方の神々を捨て去ってはならないぞ。そして絶対に、ワッド、スワーウ、ヤグース、ヤウーク、ナスルを捨て去ってはならない。』」(ヌーフ章23)について、こう語った:「これらは、ヌーフの民の正しい人々の名前である。彼らが他界した時、シャイターンが彼らの民に、『彼ら(正しい人々)が座っていた居場所に像を立て、彼らの名前をつけよ』と吹き込んだのだ。そして彼らはそのようにしたが、それら(の像)は崇拝されることはなかった。しかし彼らが死んだ後、知識は忘れられ、それらが崇拝され出したのである。」
真正 - アル=ブハーリーの伝承

注釈

イブン・アッバース(彼らにアッラーのご満悦あれ)はこのアーヤ(節)を説明し、以下に示すことを語っている:アッラーが言及したこれらの神々は、預言者ヌーフ(彼に平安あれ)がその民にシルクを禁止した後に及んで、彼らが継続して崇拝することを互いに勧め合ったものだということ。これらの神々はもともと彼らの民の正しい者たちの名前だったが、シャイターンが彼らに吹き込んで極端な道に歩ませ、彼らの像を立てさせたということ。そしてその像がしまいには、アッラーをよそに崇拝される偶像となってしまったこと。

翻訳: 英語 フランス語 スペイン語 トルコ語 ウルドゥー語 インドネシア語 ボスニア語 ロシア語 ベンガル語 中国語 ペルシア語 タガログ語 ヒンディー語 シンハラ語 ウイグル語 クルド語 ハウサ語 ポルトガル語 マラヤラム語 テルグ語 スワヒリ語 タミル語 ビルマ語 ドイツ語
翻訳を見る

学び

  1. 正しい者たちに対しての敬愛の過剰は、アッラーをよそにその者たちを崇拝し、宗教を完全に放棄してしまうことの原因となる。
  2. 像を作成したり、それを高い場所に置いたりすることの注意。偉人であれば特に注意が必要である。
  3. シャイターンの策謀と、誤謬を真理のように提示するやり方への注意。
  4. 当人の意図が良いものだったにせよ、宗教における新しい物事の創作への注意。
  5. 像の作成はシルクにつながる手段の一つなので、魂があるものの像の作成には注意が必要である。
  6. 知識の存在の重要性と、その喪失の害悪を知ること。
  7. 学者たちの死は、知識の喪失の一つの原因である。
  8. 盲従に対する注意。それはともすると、イスラームから出て行ってしまうことにもつながる。
  9. 過去の社会におけるシルクの歴史の古さ。
  10. アーヤで言及されているこれらの5つの名前は、ヌーフの民が崇拝していた対象であること。
  11. 虚偽の民は、虚偽において互いに協力し合うことの説明。
  12. 一般的な形で、不信仰者に害悪が及ぶことを祈願することの合法性。
カテゴリー