カテゴリー: 諸々の徳と礼儀作法 .
+ -

عن عائشة رضي الله عنها مرفوعاً: «لا تسبوا الأموات؛ فإنهم قد أفضوا إلى ما قدموا».
[صحيح] - [رواه البخاري]
المزيــد ...

アーイシャ(彼女にアッラーのご満悦あれ)によれば、アッラーの使徒(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)は言った:「死人を罵るのではない。彼らは既に自分たちが行ったものへと、立ち去ってしまったのだから。」
真正 - アル=ブハーリーの伝承

注釈

このハディースは、死人の悪口を言ったり、彼らの尊厳を侵害したりすることを禁じ、それが悪い品性であることを示している。この禁止に潜む英知は、「彼らは既に自分たちが行ったものへと、立ち去ってしまったのだから」という、ハディースの後半部分が示している。つまり、彼らは自分たちが行った正しい、あるいは悪い行いに到達したのであり、彼らに対する悪口はもう届かず、ただ生きている者たちを害するだけなのである。

翻訳: 英語 ウルドゥー語 スペイン語 インドネシア語 ウイグル語 ベンガル語 フランス語 トルコ語 ロシア語 ボスニア語 シンハラ語 ヒンディー語 中国語 ペルシア語 ベトナム語 タガログ語 クルド語 ハウサ語 ポルトガル語 マラヤラム語 テルグ語 スワヒリ語 タミル語 ビルマ語 タイ語 ドイツ語 パシュトー語 アッサム語 アルバニア語 السويدية الأمهرية الهولندية الغوجاراتية القيرقيزية النيبالية اليوروبا الليتوانية الدرية الصربية الصومالية الكينياروندا الرومانية المجرية التشيكية
翻訳を見る

本ハディースの功徳

  1. 死者の悪口の禁止。このハディースは一般規定と見なされる。つまり死者がムスリムであっても不信仰者であっても、悪口は同様に禁止される。
  2. 死者の悪口の禁止規定から除外されるのは、それらの者たちの汚点の言及に利益がある場合である。
  3. このハディースにおける、死者に対する悪口の禁止に潜む英知は、彼らが自分たちの行った善悪の行いのもとへと行ってしまい、悪口を言っても何の得にもならないということである。また、それが彼らの存命中の親族に対する害悪となることも考えられる。
  4. 人は無益なことを語るべきではない。