عن عمر بن أبي سلمة قال: كنتُ غُلاما في حَجْرِ رسول الله صلى الله عليه وسلم ، وكانتْ يَدِي تَطِيشُ في الصَّحْفَة، فقالَ لِي رسول الله صلى الله عليه وسلم : «يا غُلامُ، سمِّ اَلله، وكُلْ بِيَمِينِك، وكُلْ ممَّا يَلِيكَ» فما زَالَتْ تِلك طِعْمَتِي بَعْدُ.
[صحيح] - [متفق عليه]
المزيــد ...

ウマル・ブン・アビー・サラマ(彼らにアッラーのご満悦あれ)は、言った:私は、アッラーの使徒(彼にアッラーからの平安と祝福あれ)の後見下にあった。私の手は(食事の載った)皿の上をあちこち動いていたのだが、アッラーの使徒(彼にアッラーからの平安と祝福あれ)は私に言った:「少年よ、アッラーの名を唱えよ。右手で食べ、自分の近くから食べるのだ。」それ以来、それが私の食(の作法)なのである。
真正 - 二大真正集収録の伝承

注釈

ウマル・ブン・アビー・サラマ(彼らにアッラーのご満悦あれ)は、預言者(彼にアッラーからの平安と祝福あれ)の妻ウンム・サラマ(彼女にアッラーのご満悦あれ)の息子であり、彼の教育と養育下にあった。このハディースの中で、ウマルは自分の状況を語っている。食事の際、彼の手は食べ物を取るために、皿のあちこちを動いていた。それで預言者(彼にアッラーからの平安と祝福あれ)は、このハディースによって3つの食の作法を教えた: 1.食べる前に「ビスミッラーヒ(アッラーの名において)と唱えること。 2.右手で食べること。 3.自分の近くから食べること。なぜなら、人の近くにあるところから食べることは、行儀が悪いからである。学者たちは言っている:ただし、食事の中に瓜、茄子、肉などが入っているという風に、複数の種類が含まれている場合は別であり、自分の近くにある種類のものを食べつつも、それらの種類のものを取るために手をそちらこちらに動かすことは問題ない。また、独りで食べる際にも、別の場所から食べることに問題はない。なぜならそうすることで、他人を害することがないからである。

翻訳: 英語 フランス語 スペイン語 トルコ語 ウルドゥー語 インドネシア語 ボスニア語 ロシア語 ベンガル語 中国語 ペルシア語 ヒンディー語 シンハラ語 ウイグル語 クルド語 ポルトガル語 マラヤラム語 テルグ語 スワヒリ語 タミル語 ビルマ語 タイ語
翻訳を見る

学び

  1. 食べる前にアッラーの名を唱えることは、食の作法の一つである。
  2. 右手で食べることの義務性と、正当な理由がない限り、左手で食べることの禁止。預言者(彼にアッラーからの平安と祝福あれ)は言っている:「左手で食べるのではない。左手で飲むのではない。まことにシャイターン(悪魔)こそが左手で食べ、左手で飲むのである。」シャイターンに従うことは禁じられているのであり、ある民に似ることはその民の仲間になることである。
  3. 年長者でも年少者でも、無知な者に教えることの推奨。自分の後見下にある者であれば、尚更である。
  4. 自分の近くにあるものからしか食べず、別の側に手を伸ばさないことは、食の作法の一つである。
  5. 預言者(彼にアッラーからの平安と祝福あれ)によって教えられた礼儀作法に対する、教友たちの遵守。それはウマルの、「それ以来、それが私の食(の作法)なのである」という言葉から窺える。