+ -

عن ابن عمر رضي الله عنهما أن رسول الله صلى الله عليه وسلم قال: «إذا أَكَلَ أحدُكم فَلْيَأْكُلْ بِيَمِينِه، وإذا شَرِب فَلْيَشْرَبْ بِيَمِينِه فإنَّ الشيطان يأكلُ بِشِمَالِه، ويَشْرَب بِشِمَالِه».
[صحيح] - [رواه مسلم]
المزيــد ...

イブン・ウマル(彼らにアッラーのご満悦あれ)によれば、アッラーの使徒(彼にアッラーからの平安と祝福あれ)は言った:「食べる時は右手で食べよ。飲む時は右手で飲むのだ。というのもシャイターン(悪魔)こそが左手で食べ、左手で飲むのだから。」
真正 - ムスリムの伝承

注釈

このハディースでは、右手で飲食することの命令と、左手による飲食の禁止が取り上げられており、その理由の説明として、シャイターンが左手で飲食することが挙げられている。つまり、ここでの命令が義務である。一方、左手での飲食は禁止であるが、それはそのことがシャイターンの行為かつ品性であるからであり、ムスリムはシャイターンどころか、放埓な者たちの道を避けるよう命じられているからである。ある民に似る者は、その民の仲間なのだ。

翻訳: 英語 ウルドゥー語 スペイン語 インドネシア語 ウイグル語 ベンガル語 フランス語 トルコ語 ロシア語 ボスニア語 シンハラ語 ヒンディー語 中国語 ペルシア語 ベトナム語 クルド語 ハウサ語 ポルトガル語 マラヤラム語 テルグ語 スワヒリ語 タミル語 ビルマ語 タイ語 パシュトー語 アッサム語 アルバニア語 السويدية الأمهرية الهولندية الغوجاراتية الدرية
翻訳を見る

本ハディースの功徳

  1. 右手で飲食することの義務性。ハディースの中の命令は、義務を示している。
  2. 左手で飲食することの禁止。
  3. このハディースには、シャイターンの行いに似たことは回避すべきことの示唆がある。
  4. シャイターンには両手があり、飲食をすること。
  5. 右手を大事にすること。私たちはそれによって食べる。食事は身体への栄養であり、大事な行いは右手で行うのが常である。
  6. 不信仰者と相似することの禁止。私たちはシャイターンに似ることを禁じられているが、シャイターンこそは不信仰の長である。
  7. 共同体に対する預言者(彼にアッラーからの平安と祝福あれ)の助言。この教えに関して知らなかった彼らを、預言者は導いたのである。