عن عبد الله بن عمرو بن العاص رضي الله عنهما عن النبي صلى الله عليه وسلم قال: «الكبائر: الإشراك بالله، وعُقُوق الوالدين، وقتل النفس، واليمين الغَمُوس».
[صحيح] - [رواه البخاري]
المزيــد ...

アブドッラー・ブン・アムル・ブン・アル=アース(彼らにアッラーのご満悦あれ)によれば、預言者(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)は言った:「大罪とは、アッラーにシルクを犯すこと、親不孝、殺人、他人の権利を奪うことを意図した嘘の誓いである。」
真正 - アル=ブハーリーの伝承

注釈

このハディースは、大罪と言われるいくつかの罪を取り上げている。大罪と名付けられているのは、それを行う者とそれ以外の人々に、現世と来世において大きな害悪をもたらすためである。その最初のものが、アッラーに対するシルクである。それはアッラーに対する不信仰であり、アッラーと並べて何かを崇拝したり、アッラーに対する崇拝を否定したりすることである。2番目が親不孝である。親不孝とは、両親またはその一方に対し、不敬、悪口、義務の不履行、または彼らが子供を必要としている時に面倒を見ないことなどといった、常識的に見て親が嫌に思うことを行うことである。そして3番目が、殺人である。それは不正や侵害を伴う不当な殺人のことであり、報復刑その他の正当な理由で死刑に値する者は、その内に入らない。そして、このハディースを締めくくるのは、「他人の権利を奪うことを意図した嘘の誓い」に対する警告である。原語では「アル=ヤミーン・アル=ガムース」(沈み込ませる誓い)と名付けられているが、それはそのようなことを行う者を、罪に、あるいは地獄の炎の中に「沈み込ませ」てしまうためである。それは故意に行われる嘘の誓いである。

翻訳: 英語 フランス語 スペイン語 トルコ語 ウルドゥー語 インドネシア語 ボスニア語 ロシア語 ベンガル語 中国語 ペルシア語 タガログ語 ヒンディー語 ベトナム語 シンハラ語 ウイグル語 クルド語 ハウサ語 ポルトガル語 マラヤラム語 テルグ語 スワヒリ語 タミル語 ビルマ語 タイ語 ドイツ語 パシュトー語 アッサム語 アルバニア語 السويدية الأمهرية
翻訳を見る

本ハディースの功徳

  1. 大罪である、これらの罪に陥ることに対する警告。
  2. 誓いにはいくつかの種類がある。①「他人の権利を奪うことを意図した嘘の誓い」:これは、このような誓いをする者を、地獄の炎の中に沈み込めてしまう。②「有効な誓い」:これは、何かを行ったり、または放棄したりすることを誓うものである。この誓いを破棄するためには、贖罪を行う義務がある。③「戯れの誓い」:これは、実際に意図していない誓いである。例えば、「カッラー(いや、断じて)!」「ワッラーヒ(アッラーにかけて)!」「バラー、ワッラーヒ(いや、アッラーにかけて)!」といった、思わず口に出てしまったような誓いの言葉のことである。
  3. このハディースの中で大罪が4つしか取り上げられていないのは、それらが最も大きく、重い罪だからである。その意図は、全ての大罪の網羅ではない。