+ -

عن أبي هريرة رضي الله عنه مرفوعاً: «من كان يؤمن بالله واليوم الآخر فليقل خيرًا أو ليصْمُت، ومن كان يؤمن بالله واليوم الآخر فليُكْرِم جارَه، ومن كان يؤمن بالله واليوم الآخر فليكرم ضَيْفَه».
[صحيح] - [متفق عليه]
المزيــد ...

アブー・フライラ(彼にアッラーの御満悦あれ)によると、アッラーの使徒(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)は言った:「アッラーと最後の日を信じる者は、よいことを喋るか、さもなければ黙っていよ。アッラーと最後の日を信じる者は、隣人を厚遇せよ。アッラーと最後の日を信じる者は、客人を歓待するのだ。」
真正 - 二大真正集収録の伝承

注釈

アブー・フライラ(彼にアッラーの御満悦あれ)は、預言者(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)から社会的原理を伝えて、こう言った: 「アッラーと最後の日を信じる者は・・・」これは条件節の前半部であり、その受けの部分が「よいことを喋るか、さもなければ黙っていよ」である。この言い回しの意図するところは、強い勧めであり、よいことを喋ること、または沈黙の奨励である。これはあたかも、このように語っているようである:「もしあなたがアッラーと最後の日を信じているのなら、よいことを喋るか、さもなければ黙っていよ。」 「よいことを喋る」とは、自分自身ではなく、周りの人々に喜びを与えるようなことを話すことである。それこそは、親しみや愛情をもたらし、違和感を消し去ることゆえ、よいことなのである。 「さもなければ黙っていよ」とは、沈黙せよという意味である。 「アッラーと最後の日を信じる者は、隣人を厚遇せよ」とは、自分の家の隣人に対するものである。自分が経営する店の隣人なども含むようには見えるが、実際は家の隣人という解釈がより適切であると見なされる。隣人は、近ければ近いほど、その権利が大きくなる。預言者は「厚遇せよ」と一般的な表現を用いており、「お金を与えることで」とか「施しをすることで」とか「衣服で」とかいった具体例は示していない。イスラーム法において一般的な扱いをされているものは全て、慣習という文脈で捉えられる。つまり厚遇は特定のものではなく、人々が「厚遇」と見なすあらゆる物事である。それは隣人によって異なるのであり、貧しい隣人にはもしかするとそれが一切れのパンによって達成されるかもしれないが、豊かな隣人にとってはそれは十分な厚遇ではない。身分の高くない者は最も取るに足らないものでも厚遇になるかもしれないが、身分の高い者にとってはより多くのものが必要になる。 また、「隣人」とは、家の隣人か、市場の共同者か、誰なのか、といった疑問についても同様に、慣習を基礎として考えるべきである。 「アッラーと最後の日を信じる者は、客人を歓待するのだ」という部分に関しては、「客人」とはたとえばあなたの住居に宿泊する旅行者のように、あなたの場所に留まる者のことである。客人についても、歓待と見なされるもので対応しなければならない。 ある種の学者らは、こう言っている:「客の歓待は、村や小さな町においては義務だが、大きな町では義務とはならない。なぜならそこには入ることのできる食堂やホテルがあるが、小さな村などでは旅行者を迎え入れる場所がないからである。」しかしハディースの解釈においてより有力なのは、「客人の歓待」は一般的なものであるというものである。

翻訳: 英語 フランス語 スペイン語 トルコ語 ウルドゥー語 インドネシア語 ボスニア語 ロシア語 ベンガル語 中国語 ペルシア語 タガログ語 ヒンディー語 ベトナム語 シンハラ語 ウイグル語 クルド語 ハウサ語 ポルトガル語 マラヤラム語 テルグ語 スワヒリ語 タミル語 ビルマ語 タイ語 ドイツ語 パシュトー語 アッサム語 アルバニア語 السويدية الأمهرية الهولندية الغوجاراتية الدرية
翻訳を見る

本ハディースの功徳

  1. 言葉による害悪についての注意。人は自分が話そうとすることを、よく考えなければならない。
  2. よいこと以外には、沈黙することの義務。
  3. 隣人の権利の説明と、隣人を保護し厚遇することの勧め。
  4. 客人を歓待することの命令。それはイスラームの礼儀作法であり、預言者たちの品行でもある。
  5. イスラームという教えは、他のものとは違って、親愛、歩み寄り、相互理解の教えである。
  6. アッラーと最後の日の信仰は、あらゆる善の基礎である。それは自己監視、恐怖、希望をもたらす。そこには始まりと、帰り所が含まれている。それは服従への最大の促進剤となる。
  7. 言葉にはよいものも悪いものもある。また、それ自体には善も悪もないものもある。
  8. これらの特質は、信仰の一部であり、高貴な礼儀作法の一部でもある。
  9. 信仰には、行いも含まれる。
  10. 信仰は増減する。
もっと…