عن أبي هريرة رضي الله عنه مرفوعاً: «كان رجل يُدَايِنُ الناس، وكان يقول لفَتَاه: إذا أَتَيْتَ مُعْسِرًا فَتَجَاوَزْ عنه، لعَلَّ الله أن يَتَجَاوَزَ عنَّا، فَلَقِيَ الله فتَجَاوز عنه».
[صحيح] - [متفق عليه]
المزيــد ...

アブー・フライラ(彼にアッラーのご満悦あれ)によると、アッラーの使徒(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)は、このように語った:ある者は人々にお金を貸し、(自分の使用人である)若者に、こう言っていたものだった:「債務に苦しむ者が来たら、大目に見てやれ。アッラーが私たちを大目に見てくれるだろう。」こうして彼はアッラーと謁見し、アッラーは彼を大目に見たのである。
真正 - 二大真正集収録の伝承

注釈

「ある者は人々にお金を貸し・・・」とは、つまり文字通り貸金をしていたか、または何かを後払いで売っていたということである。そしてこの者は、人々から債務の返済要求をする少年に、こう言っていた:その能力がないために、債務を返済できない債務者が来たら、「大目に見てやれ。」つまり、返済期限を延長して厳しい返済要求をしないでおいたり、不足分を大目に見て返済できるだけの額を受け取ってやったりすることである。 「アッラーが私たちを大目に見てくれるだろう」とは、アッラーの僕を大目に見てやり、物事を容易にし、厳しい状況を取り除いてやることで、「私たち(のあやまち)を赦して下さるだろう」ということである。彼がこのようにしたのは、僕が僕に対してする善行と同様のもので、アッラーもまた僕に報いてくれることを知っており、アッラーが善行者の褒美を無駄にはしないことを知っていたためである。 「こうして彼はアッラーと謁見し、アッラーは彼を大目に見たのである。」これは男の人々への慈悲、やさしさ、物事の簡易化ゆえの報いである。なお、アン=ナサーイーとイブン・ヒッバーンが伝える伝承には、このようにある:「よいことをしたことがなかった男が、人々に貸金をしていた。そして使いの者に言っていた:無理のない範囲のものを取り、困難なものは見逃し、大目に見てやれ。アッラーが私たちを大目に見れくれるだろう。」 このように、僕がアッラーに対してよい心あてをし、その僕たちによい行いをすれば、アッラーはその悪行を大目に見、その善行と同種のもので褒美を下さるのである。

翻訳: 英語 フランス語 スペイン語 トルコ語 ウルドゥー語 インドネシア語 ボスニア語 ロシア語 ベンガル語 中国語 ペルシア語 タガログ語 ヒンディー語 シンハラ語 ウイグル語 クルド語 ハウサ語 ポルトガル語 マラヤラム語 テルグ語 スワヒリ語 タミル語 ビルマ語 ドイツ語
翻訳を見る

学び

  1. 善を自ら行わずとも、誰かにそれを命じることで、褒美を得ることが可能である。
  2. イスラーム以前の法は、イスラーム法に反しない限り、イスラーム法として見なされる。
  3. 厳しい状況にある債務者に猶予を与え、返済要求をやさしくすることの勧め。