عن أبي هريرة رضي الله عنه عن النبي صلى الله عليه وسلم فيما يَحْكِي عن ربه تبارك وتعالى، قال: «أَذْنَبَ عَبْدٌ ذَنْبًا، فقال: اللهم اغْفِرْ لي ذَنْبِي، فقال اللهُ تبارك وتعالى: أَذْنَبَ عَبْدِي ذَنْبًا، فَعَلِمَ أَنَّ له رَبًّا يَغْفِرُ الذَّنْبَ، ويَأْخُذُ بالذَّنْبِ، ثم عَادَ فَأَذْنَبَ، فقال: أَيْ رَبِّ اغْفِرْ لي ذَنْبِي، فقال تبارك وتعالى: أَذْنَبَ عَبْدِي ذَنْبًا، فَعَلِمَ أَنَّ له رَبًّا، يَغْفِرُ الذَّنْبَ، ويَأْخُذُ بالذَّنْبِ، قَدْ غَفَرْتُ لِعَبْدِي فَلْيَفْعَلْ ما شَاءَ»
[صحيح] - [متفق عليه]
المزيــد ...

アブー・フライラ(彼にアッラーのご満悦あれ)によると、預言者(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)はその主(アッラー)から伝えるものとして、こう言った:僕が罪を犯して、こう言った:「アッラーよ、私の罪をお赦し下さい。」それで至高のアッラーはこう仰った:「わが僕は罪を犯した。そして彼にはその罪を赦し、それゆえに罰する主があることを知った。」それから、彼はまた罪を犯し、言った:「アッラーよ、私の罪をお赦し下さい。」それで至高のアッラーはこう仰った:「わが僕は罪を犯した。そして彼にはその罪を赦し、それゆえに罰する主があることを知った。われはわが僕を赦したぞ、望むことをするがよい。」
真正 - 二大真正集収録の伝承

注釈

僕が罪を犯し、「アッラーよ、私の罪をお赦し下さい」と言えば、至高のアッラーは仰る:「わが僕は罪を犯した。そして彼にはその罪を赦し、それを覆い隠し、大目に見られる、あるいはそれゆえに罰する主があることを知った。」それから彼は、また罪を犯し、言う:「アッラーよ、私の罪をお赦し下さい。」それで至高のアッラーはこう仰る:「わが僕は罪を犯した。そして彼にはその罪を赦し、それを覆い隠し、大目に見られる、あるいはそれゆえに罰する主があることを知った。われはわが僕を赦したぞ、望むことをするがよい。罪を犯しても、その後に正しい悔悟をするのだ。そのようにする限り、罪を犯し、悔悟するならば、われは彼を赦す。悔悟はそれ以前のものを帳消しにするのである。」

翻訳: 英語 フランス語 スペイン語 トルコ語 ウルドゥー語 インドネシア語 ボスニア語 ロシア語 ベンガル語 中国語 ペルシア語 タガログ語 ヒンディー語 ベトナム語 シンハラ語 ウイグル語 クルド語 ハウサ語 ポルトガル語 マラヤラム語 テルグ語 スワヒリ語 タミル語 ビルマ語 タイ語 ドイツ語 パシュトー語 アッサム語 アルバニア語 السويدية الأمهرية
翻訳を見る

本ハディースの功徳

  1. 主アッラーこそ、お望みになればお赦しになり、お望みになれば罰されるという権限を有すると信じている限り、アッラーの僕たちに対するご恩寵とご慈悲は偉大であること。
  2. 正しい悔悟は罪滅ぼしとなる。
  3. アッラーを信じる者は心が悔悟で澄んだ状態にあり、お赦しを期待して正しい状態や善行を率先して行う。罪を犯せばそれに悔悟で対応し、罪深いことに固執することがない。
  4. 僕が100回またはそれ以上罪を犯しても、その都度悔悟するのであれば、悔悟は受け入れられ、罪を消してくれる。もしすべての罪に対して一度の悔悟をしたとしても、その悔悟は正しいものとなる。