+ -

عن أبي سعيد وأبي هريرة رضي الله عنهما مرفوعاً: «ما يُصيب المسلم من نَصب، ولا وصَب، ولا هَمِّ، ولا حَزن، ولا أَذى، ولا غَمِّ، حتى الشوكة يُشاكها إلا كفر الله بها من خطاياه».
[صحيح] - [متفق عليه]
المزيــد ...

アブー・サイードとアブー・フライラ(彼らにアッラーのご満悦あれ)によると、預言者(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)は言った:「ムスリムに降りかかる、いかなる疲労、病気、悩み、悲しみ、害、心配でも、アッラーがそれによってその者の罪滅ぼしとしてくれないことはない。たとえそれが、ささった棘であったとしても、である。」
真正 - 二大真正集収録の伝承

注釈

このハディースの意味は、次の通りである:ムスリムに降りかかる、いかなる病気、悩み、悲しみ、苦悩、災難、逆境、恐怖、心配でも、アッラーがそれらによって、その者の罪滅ぼしとしてくれないことはない。そしてそこにおいて忍耐と、褒美を望む意図が加われば、この上に褒美を授かることになる。 つまり、災難に関しては2つの場合がある: 1.災難が降りかかった時、褒美のことを想起し、アッラーの為にその災難を耐え忍ぶ場合。そうすれば、2つの利益がある。罪を赦されることと、善行の増加である。 2.上記のことに不注意な場合。そして気を悪くし、うんざりしてしまったりすること。この場合でも、罪の赦しにはなる。つまり、いずれの場合でも災難を受けた者は、得をする。 何も意図せず、忍耐することも褒美を望むこともなくても、罪の赦しを得ることは出来る。そして罪の赦しと、アッラーからの褒美を得ることも可能なのである。 以上のことから、人はたとえ棘一本が刺さる災難であったとしても、その災難ゆえにアッラーから褒美を得ることが可能なことを想起すべきである。そうすることによって、罪の赦しと共に褒美を頂けるのだ。 このように、試練ゆえに罪の赦しと褒美を授かることが出来るのは、信仰者に対するアッラーからの恩恵であり、寛容さであり、優しさである。 注意:ここで赦されるのは、小さな罪のみである。大罪は、真摯な悔悟によってでしか赦されない。

翻訳: 英語 ウルドゥー語 スペイン語 インドネシア語 ウイグル語 ベンガル語 フランス語 トルコ語 ロシア語 ボスニア語 シンハラ語 ヒンディー語 中国語 ペルシア語 ベトナム語 タガログ語 クルド語 ハウサ語 ポルトガル語 マラヤラム語 テルグ語 スワヒリ語 タミル語 ビルマ語 タイ語 ドイツ語 パシュトー語 アッサム語 アルバニア語 السويدية الأمهرية الغوجاراتية القيرقيزية النيبالية اليوروبا الدرية الصومالية الكينياروندا الرومانية التشيكية
翻訳を見る

本ハディースの功徳

  1. 信仰者に降りかかる病気などの試練は、たとえそれが些細なものであったとしても、その者の罪滅ぼしとなる。
  2. ここにはムスリムにとっての、偉大な吉報がある。ムスリムは必ず、これらの災難に出遭うことになるからである。
  3. これらの物事により、位階は上がり、善行は増加する。
  4. ここで罪が赦されるのは、小罪のみである。大罪には悔悟が必要となる。