عن عائِشَة رضي الله عنها مرفوعاً: «لا صلاة بِحَضرَة طَعَام، وَلا وهو يُدَافِعُه الأَخبَثَان».
[صحيح] - [رواه مسلم]
المزيــد ...

アーイシャ(彼女にアッラーのご満悦あれ)は、預言者(彼にアッラーからの平安と祝福あれ)からの言葉として、こう語った:「食べ物が眼前にある時、および、2つの忌まわしいものを我慢している状態において、礼拝はない。」
真正 - ムスリムの伝承

注釈

このハディースは、アッラーが、礼拝者の心の集中をお望みになっていることを強調している。そして心の集中は、気を逸らす物事から断絶しないことには実現しない。気が逸らされている状態においては、落ち着きも恐れの念もなくなってしまう。礼拝者の気を引く食事がもたらされた時、そして2つの忌まわしいこと(小便と大便)を我慢し、それを抑えることに意識が行ってしまっている時、アッラーが礼拝を禁じたのは、この理由のためである。

翻訳: 英語 フランス語 スペイン語 トルコ語 ウルドゥー語 インドネシア語 ボスニア語 ロシア語 ベンガル語 中国語 ペルシア語 タガログ語 ヒンディー語 ベトナム語 シンハラ語 ウイグル語 クルド語 ハウサ語 ポルトガル語 マラヤラム語 テルグ語 スワヒリ語 タミル語 ビルマ語 ドイツ語
翻訳を見る

学び

  1. 2つの忌まわしいことを我慢している状態における、礼拝の忌避性。
  2. ただし、礼拝時間が終わってしまいそうな時は、礼拝を先に行う。その場合、礼拝は正しく行われたことになるが、それはこのハディースにより、完全なものではなく欠陥があるものになる。いずれにせよ、礼拝をやり直す必要はない。
  3. 一方、礼拝を開始した後に「2つの忌まわしいこと」を催した場合、それらに対する我慢が礼拝の完遂を妨げない限りにおいて、その礼拝は正しく行われたことになり、忌避すべきものとも見なされない。
  4. 礼拝では、気持ちを込めた、従順な状態が求められる。
  5. 礼拝者は、礼拝から気を逸らすようなあらゆる物事を、遠ざけなければならない。
  6. 大小の便意は、金曜礼拝や集団礼拝を中断する正当な理由となる。ただし、礼拝時間にそれらの行為をする習慣をつけてはならない。