عن عبد الله بن عباس رضي الله عنهما عن رسول الله -صلى الله عليه وآله وسلم- فيما يرويه عن ربه -تبارك وتعالى- قال: «إن الله كَتَبَ الحسناتِ والسيئاتِ ثم بَيَّنَ ذلك، فمَن هَمَّ بحسنةٍ فَلم يعمَلها كَتبها الله عنده حسنةً كاملةً، وإن هَمَّ بها فعمِلها كتبها اللهُ عندَه عشرَ حسناتٍ إلى سَبعِمائةِ ضِعْفٍ إلى أضعافٍ كثيرةٍ، وإن هَمَّ بسيئةٍ فلم يعملها كتبها الله عنده حسنة كاملة، وإن هَمَّ بها فعمِلها كتبها اللهُ سيئةً واحدةً». زاد مسلم: «ولا يَهْلِكُ على اللهِ إلا هَالِكٌ».
[صحيح] - [متفق عليه]
المزيــد ...

イブン・アッバース(彼らにアッラーのご満悦あれ)によれば、アッラーの使徒(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)は至高のアッラーの言葉から伝えるものとして、このように語った:「まことにアッラーは、善行と悪行を定め、それらを明らかにされた。ゆえに何らかの善行を1つしようと思い立った者は、たとえそれを実行しなくても、アッラーがそれを完全な1つの善行として書き留められる。そしてもしそれをしようと思い立ち、かつ実行したのであれば、アッラーはそれを10倍から700倍、そしてそれ以上に倍増させた形で書き留められるのだ。他方、何らかの悪行を一つしようと思い立ち、それを実行しなかった者には、アッラーがそれを完全な1つの善行として御許に書き留めて下さる。そしてもしそれをしようと思い立ち、かつ実行したのであれば、アッラーはそれを1つの悪行として書き留められる。」 尚、ムスリムの伝承では、このような記述の追加がある:「自ら滅ぼうとする者しか、アッラーの御許では滅びない。」
真正 - 二大真正集収録の伝承

注釈

この偉大なハディースは、以下のことを示唆している:善行を思い立ち、それを実行する熱意があるだけで、それを実際に行わなくても1つの善行になること。その善行を実行すれば、それがその10倍から、それ以上に倍増されるということ。また、悪行を思い立っても、アッラーゆえにその実行を放棄すれば、それが1つの善行として記録されること。その悪行を実行すれば、1つの悪行としてしか記録されないこと。なお、悪行を思い立った後、ただそれをしなかった、というだけであれば、何も記録はされない。これら全ては、至高至大のアッラーの慈悲の広大さを表している。アッラーはこの偉大な恩寵と豊かな善を、ムスリムに授けて下さったのだから。

翻訳: 英語 フランス語 スペイン語 トルコ語 ウルドゥー語 インドネシア語 ボスニア語 ロシア語 ベンガル語 中国語 ペルシア語 タガログ語 ヒンディー語 ベトナム語 シンハラ語 クルド語 ハウサ語 ポルトガル語 マラヤラム語 テルグ語 スワヒリ語 タミル語 ビルマ語 ドイツ語
翻訳を見る

学び

  1. イスラーム共同体に対する、アッラーの恩寵の偉大さの説明。このハディースに言及されていることがなければ、僕たちには悪行の方が多くなってしまい、大きな災難となるからである。
  2. 行いの記録係の天使たちは、心の動きも記録する。かれらは表面的行為しか記録しない、という言説は、正しくない。
  3. 善行と悪行が定められたことの確証。「まことにアッラーは、善行と悪行を定め・・・」とある通り、それは実際上のことであり、褒美や懲罰の原因となる。
  4. 実際に起こる善行や悪行は、既に定命として定められ、最終的に決められてしまったことである。僕たちは自分たちの意思により、自分たちに定められた通りに行う。
  5. 至高至大のアッラーの行為の確証。それは「アッラーがそれを完全な1つの善行として書き留められる」とある通りであり、かれがそれを記録するよう命じるのでも、またはご自身が記録されるのでも、同様である。このような描写は、他の複数のハディースでも確認できる。たとえば預言者(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)の、「そして(アッラー)ご自身の御手により、トーラーを書かれた」といったような表現であるが、これはいかなる(被造物との)類似も(表面的意味とは異なる)解釈も伴ってはいない。
  6. 偉大なるアッラーの、被造物に対するご配慮。善行と悪行は定められていると同時に、命じられている。
  7. 行いにおける意図の地位とその影響。
  8. 一般的な形での説明の後に詳細部分に入って行くことは、修辞的手法である。
  9. 善行はそれをしようと思い立つだけで、1つの善行として記録されること。
  10. アッラーの恩寵とやさしさと善。善行を思い立つだけで実行には移さなくても、それだけで1つの善行として記録され、悪行を思い立ってもアッラーゆえにそれを実行に移さなければ、やはり1つの善行として記録されるからである。「思い立つ(アラビア語のハンマ)」とは、単に思い浮かぶだけでなく、決心することである。