カテゴリー: 神学 . 定命への信仰 .
+ -

عن أنس بن مالك رضي الله عنه عن النبي صلى الله عليه وسلم أنه قال: "إن عِظَمَ الجزاءِ مع عِظَمِ البلاءِ، وإن الله تعالى إذا أحب قوما ابتلاهم، فمن رَضِيَ فله الرِضا، ومن سَخِطَ فله السُّخْطُ".
[صحيح] - [رواه الترمذي وابن ماجه]
المزيــد ...

アナス・ブン・マーリク(彼にアッラーのご満悦あれ)が預言者(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)から伝えるところによれば、彼はこう言った:「まことに褒美の大きさは、試練の大きさによるものである。至高のアッラーは、ある民を愛する時、彼らを試練におかけになる。それに満足する者には満足があり、それを憎悪する者には憎悪があるのだ。」
真正 - イブン・マージャの伝承

注釈

このハディースの中で預言者(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)は、以下のことを伝えている:信仰者は、生命や財産などにおいて災難に出遭うが、それに忍耐すればアッラーは褒美を授けてくれること。災難が大きければ大きいほど、その危険度が高ければ高いほど、アッラーからの褒美も大きくなること。災難は信仰者に対するアッラーの愛の表れであり、アッラーの定めは必ず実現すること。そしてそれに忍耐し、満足して受け入れるのであれば、アッラーはそれゆえにその者に褒美を授け、満足されること。しかしアッラーの定めを嫌うのであれば、アッラーはそれゆえにその者をお嫌いになり、罰でもって報われるということ。

翻訳: 英語 フランス語 スペイン語 トルコ語 ウルドゥー語 インドネシア語 ボスニア語 ロシア語 ベンガル語 中国語 ペルシア語 タガログ語 ヒンディー語 ベトナム語 シンハラ語 ウイグル語 クルド語 ハウサ語 ポルトガル語 マラヤラム語 テルグ語 スワヒリ語 タミル語 ビルマ語 ドイツ語 パシュトー語 アッサム語 アルバニア語
翻訳を見る

本ハディースの功徳

  1. 災難は、それに対しての義務を放棄したり、禁止事項を行ったりしない限り、それを被った者の罪滅ぼしとなる。義務の放棄の例としては、忍耐しないこと、禁止事項としては、災難ゆえに衣服を裂いたり自分の頬を叩いたりすることである。
  2. アッラーには、かれに相応しい形において、愛という属性があることの確証。
  3. 信仰者の試練は、信仰のあかしの一つであること。
  4. アッラーには、かれに相応しい形において、満足や憎悪という属性があることの確証。
  5. アッラーの定めに満足することの奨励。
  6. アッラーの定めを嫌悪することの禁止。
  7. 災難に対して忍耐することの勧め。
  8. 人は時に、自分にとってよいことを嫌ってしまうこともあること。
  9. アッラーの御業における英知の確証。
  10. 報いは、その行いと同種のもの。
カテゴリー